FC2ブログ

カテゴリ:発育・豊満の認識 の記事リスト(エントリー順)

7.認めたくないこと(2月1日)

kage

 昨日悩んじゃったことだけど、あんまり気にしたってワタシ自身で解決できることじゃないので、クヨクヨとそのことを考えるのはやめようと思って家を出て学校へ行ったワタシです。

 だってそもそも、ワタシが自分で好きでやってることじゃなくて田崎先生が無理矢理してくることなんだから、ワタシにはどうすることもできないんだもん。

 そんなワタシの気持ちを知ってか知らずか、今日も先生はワタシを放課後理科室に呼び寄せました。そしてワタシのバストを揉んだりアソコに触ってきたりして、最後にはオチンチンをアソコに入れてきました。

 だけど、やっぱり昨日悩んでいたことが思い起こされるような状態になってきたの。
 やっぱりカラダが熱いんです。オッパイ揉まれたり、アソコを触られたりするとカラダがどんどんと熱くなってきます。

 もちろんこの熱さは恥ずかしさから来る熱さにきまってます。ということは、きっと顔なんて恥ずかしさのあまりに真っ赤になってるに違いないんです。こんなの耐えられるワケがないので、こうなったら先生にやめてもらうしかありません。

「ああっ、先生、お願いです、とっても恥ずかしいんです。だからもう、やめて下さい」

「へへへっ、中野、オマエ、『恥ずかしい』なんて言う割には顔は全然赤くなってないぞ。ホントはもっとやって欲しいんじゃないのか?」

 えええっ! 自分では、カラダが熱くなってくるのは恥ずかしさのあまりにそうなってるんだと思ったのに、ホントの自分は恥ずかしがってないってことなの?

(ということは、このカラダが熱いのは何か別の原因があるの?)

 そう思ってしまい、ワタシはワケがわかんなくなってきました。そんな風にちょっと混乱していたワタシに先生が言ってきたんです。

「どうやら、オマエ、俺のテクニックにようやくカラダが仕込まれてきたってとこだな。オマエみたいなたまらんカラダしてる女はもっと早く仕込まれてもおかしくないんだけどな」

 もう、先生ったらワタシのカラダが熱くなってるのは、気持ちイイ状態になってるからなんだって思ってるんです。

 相手の気持ちなんておかまいなしに強制的にイヤらしいことしてるのに、どうして都合良くそんな風に思えちゃうのかな。

「先生、ワタシ、自分では気持ちイイなんて全然思ってません!」

「ふふっ、自分ではなかなか認めがたいことだよな、コレは。ま、お前の場合は自分の意志とは裏腹にカラダが感じてしまってるんだから、そんなに悲観することでもないぜ」

 なんだかその言い方って、一応ワタシのことをハレンチな女の子じゃなくて清純な方だって認めてくれてるようだけど、そんなことを認めてもらったって一つもウレシクなんてありません。
 そんなことより、このエッチなことを早くやめて欲しいんです。

 もう、それなのに、確かにカラダは最初のころと違って熱いままだし、しかもジーンって痺れるような熱さなので困っちゃうんです。
 先生の無理矢理のエッチはようやく終わり、夕暮れの放課後ようやくワタシは理科室から解放されて家に帰ることを許されました。そんな帰り際、先生が言った言葉にワタシは耳を疑いました。

「へへへっ、中野ぉ、オマエさっき、ついに悶え声をあげたな。オマエ特有のその甲高い萌え系声で『はあぁん』とか『ああぁーーん』って悶えるから、今日は今まで以上に興奮したぜ」

 そして、そのあとに続いた言葉は信じられないものでした。

「だからな、せっかくだし、ついでにその声はこのICレコーダーに録音しといたからな」

 そういってスイッチをONにしたレコーダーのスピーカーから流れてきたのはまさしくワタシの声でした。

「ああぁ、ああーん、もう、お願いです、やめてぇ。あああぁ、あああーん、もう、ダメぇーーっ」

 知らず知らずのうちにワタシこんな恥ずかしいこと言ってたんです。無我夢中でわかんなかったし、自分で気持ちイイとか感じてるなんて全然思わなかったのに、こんなことになってたなんて驚き以外のなにものでもありません。
 認めたくないけど、これは事実なようです。

「へへっ、写真だけじゃなくて、この録音もバラされたくないよな?」

 そういって脅しのネタをまた一つ増やしたことで笑みを浮かべている先生の横で、ワタシの耳の中ではさっきレコーダーから聞こえた自分自身の悶え声がこだまのようにずっと響き続けていました。
 
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

5.認識の充実感(1月24日)

kage

 知られたくなかった自分のカラダのサイズのことを、昨日ついに先生に知られてしまい、今朝ワタシは憂鬱な気分で家を出て学校に行ったというのに、逆に田崎先生は逆にいつにないほど上機嫌なの。

 そんな機嫌のイイ日にワタシを呼び出さないはずもなく、先生は放課後いつもの理科室にワタシを呼び出しました。

「へへへっ、いやぁ、オマエ、たまらんカラダしてると思っていたが、まさか90センチのEカップで93センチのムチムチのケツをしてるとは予想以上だぜ」

 ワタシに無理矢理なエッチをしてきて、もうワタシのカラダのことは十分知ってるハズなんだけど、昨日ハッキリとした数値で認識できたことで充実感がみなぎっています。
 男の人ってみんなそうなのかな? ううん、たぶん田崎先生だけが異常なんだと思います。

「ううむ、実にたまらん。まだ中学1年生の、しかもオマエは確か3月28日生まれだからまだ12歳じゃないか。そして身長が141センチしかないのに、こんなスゲエ発育だもんな」

 当の本人を目の前にして言うので、ワタシは恥ずかしさのあまりに耳まで真っ赤になりました。そんなワタシにはお構いなしに先生は話を続けてたんだけど、目がだんだんと血走ってきたんです。
 どうも自分で言ったその言葉に欲情をかき立てられて、抑えが効かなくなったようなの。

「むううぅ、中学1年生でまだ12歳で、しかも141センチしか身長がないクセに、そうやって90センチのEカップ巨乳とムチムチの93センチのケツというたまらんカラダしてるってのは、まったくけしからんよなぁ」

 そういうと強引にも制服を引き剥がしはじめたんです。無理矢理セーラー服を引き剥がすのもヒドいけど、なにがどうして“けしからん”になるのかサッパリわかりません。

「まったくもってけしからん! こういうけしからん発育のオマエは、オレのお仕置が必要なようだな」

 ホントにムチャクチャ飛躍的な論理なんです。だけど、またたくまに制服も下着も剥ぎ取った先生は、ワタシを理科室の薬品棚に向き合わせて押しつけるとバックから強引にイジってきたんです。
 先生はさっき自分で言っていた“90センチのEカップ”と“93センチのヒップ”って言葉に一段と欲情をかきたてられたのか、いつも以上にワタシのバストを揉んだりアソコを掻き回してきたの。

「ああぁ、ダメぇ、先生、そんなの激しいぃーーーっ、んんっ、んんんーーーっ」

「今まではなぁ、ハッキリしたサイズがわからなくて実は半信半疑って感じだったんだぞ」

「??? 半信半疑って、どういうことですか。ワタシ、そんな疑わしいコトなんて全然してません」

 いきなり漢字のテストに出るような四文字熟語を言うものだから、面食らっちゃったワタシになおも先生は言葉を続けます。

「だってな、なにしろオマエは141センチと背が低いから乳や尻の大きさも、身長との対比でデカく見えてるだけの“見掛け倒しの発育”って疑惑があったのさ。そんな風にオマエはまだガキのクセにオトナの心を惑わせやがるから、実にけしからんヤツなのさ」

「そ、そんなのぉ、先生が勝手にアレコレと迷っただけで、ワ、ワタシの責任とは何も関係ないじゃないですか。ああぁ、とにかくぅ、き、今日は激しいぃーーーっ、はああぁーーーっ」

 あまりの激しさにワタシがたじろいでいるのに、先生はなおも荒々しくイジってくるんです。先生から離れたいけど薬品棚に強く押しつけられてるので逃げられるハズもありません。

「へへっ、だが昨日オマエの正確なサイズがわかったことで、その半信半疑も吹き飛んだってワケだ。そんなモヤモヤが解消してスッキリしたから、溜まった性欲もスッキリさせてもらうぜ、おらあぁーーっ!」

「はああぁーーーっ、ダメぇ、そんなに激しくアソコの中を掻き回しちゃ…、ああぁ、はああぁーーーっ、んんんーーーっ」

 あーん、だけど、ワタシってどうしてこうなっちゃうんだろう。こんな感じで先生は今まで以上に荒々しくイジってきたのに、ワタシったら何だかいつの間にかワケがわかんなくなっちゃって、イケナイって思ってたけど結局はエッチな喘ぎ声をあげてたんです。

 ようやくだけど先生のテクニックの凄さがわかってきたワタシでした。