FC2ブログ

カテゴリ:からみナシ の記事リスト(エントリー順)

113.やっぱり二人は(12月10日)

kage

 放課後、田崎先生に呼ばれてワタシは理科室に行ったの。それなのに、理科室には誰もいないんです。

(どうしようかな? 先生がいないのなら、帰っちゃおうかな)

 そう思ったんだけど勝手に帰ったらあとが怖いし、昨日木戸さんがドアの隙間から覗いていた例のことが気になっていたワタシは、こうなったら思い切って先生に真相を尋ねるつもりで残ることにしたんです。
 それなのに10分経っても先生は来ません。それどころか20分、そして30分と経っても先生は来ません。チョット遅れるくらいのことは今まであったけどこんなに遅れる事なんて初めてです。

 ワタシを責めてイジメるのが生き甲斐の先生が居残りを命じたことを忘れるはずないし、ワタシはさすがに不安になってきました。だけど、40分、50分たっても先生は来ないの。
 そしてついに1時間くらい経った時、ようやく廊下の奥の方からこっちへ向かってくる靴音が聞こえてきました。そして『ガラガラ』と引き戸を開ける音がして入ったその姿を見た瞬間、ワタシは驚きのあまりに声も出ませんでした。

 理科室に入ってきたのは田崎先生だけでなく、なんと木戸さんも一緒だったんです。そしてワタシの前に立つと二人はお互い顔を見合わせてニヤリとしました。まず話しをしてきたのは先生の方でした。

「おいおい、そんなに驚いた顔をするとは意外だな。オマエだってうすうすはオレと木戸さんとの関係に気づいてたんだろ。だから、その真相を聞きたくてずっと待っていたんじゃなかったのか?」

 そして、次に口を開いたのは木戸さんでした。

「そうさぁ、昨日だってオマエさんはワシがドアの隙間から覗いていたことを知ってるじゃねえか。それなのに、今さら驚くこともないだろうさぁ」

 そりゃ、いろいろなことがあったから先生と木戸さんのあいだには何かあるってことはうすうす思っていたし、昨日の覗いていた件でそれについては確信していました。
 でも、だからといって今日、こうやって二人が同時に私の前にあらわれるなんて思いもしなかったんだもの。

「・・・ということは先生も、木戸さんも、お互いのことを、知ってるんですね?」

 やっとの思いでワタシが尋ねたその言葉に先生は『ふふふっ、当たり前じゃないか』って言うと、今までのことについて詳しく話をしてくれました。

・5月24日のとき、ワタシのブルマー尻を見る木戸さんの目つきから、先生は木戸さんが同じ趣味の持ち主だと気づいたこと。

・それ以降、6月8日や7月9日にもワタシをさらしモノにしたときも木戸さんの反応は同じで、その結果、先生は木戸さんの変態性を確信したこと。

・そして先生は木戸さんに近づいた結果、二人は意気投合し8月26日だって偶然を装って屋外トイレの排泄場面に出会わせたこと。

・ワタシをますます仕込んでいくためには、今後木戸さんも加わることが必要不可欠になったこと。ただしワタシの性感の発達や人一倍強い羞恥心のことを考えて、木戸さんが加わるのは9月以降と決めたこと。

・とくに内向的で羞恥心の強いワタシが、初めから二人に同時にイジメられるのは到底耐えられないだろうと予想されたので、当初、二人は全く関係ないように別々にイジメることにしたこと。

・そうやって別々にイジメていたところ順調にワタシのカラダが仕上がっていったので、今月から、それとなく二人が関係あるかのように感づかせてきたこと。

・そして、今日、二人の関係をあらわにし、ワタシに今までのことを全部バラすことにしたこと。

 延々と長い先生の説明を聞いている間、ワタシは身を固くし続けました。予想していた以上に先生と木戸さんの結びつきは深く、しかも用意周到だったんです。
 9月から、木戸さんはイジメる方にも加わり、ワタシは2人に責められっぱなしだったんだけど、もちろん、その時から2人はお互いに連携してたんです。

 木戸さんなんて、自分のやっていることが先生にバレたらマズいようなことを言っておきながら、実はしっかり先生とグルだったんだから、したたかな演技派です。

 だけどワタシはそんな2人の企みを知るわけないから、先生にイジメられた翌日に木戸さんから責められそうになったとき、カラダに前日の名残が残っているんじゃないかと気になってスッゴク不安になってたんです。
 それなのに、そんなこともすべて知っていて二人は代わる代わるワタシをイジメていたんです。

 とは言ってもそんな状況にも関わらず、結局のトコロいつも最後には感じちゃってイヤらしく悶えてしまうワタシも恥ずかしい女の子だと思います。

 もちろん仕込まれたカラダがワタシの意志とは無関係に反応しちゃうんだからしょうがないんだけど、前日に先生からイジメられたカラダのうずきをを残しながら、当日木戸さんに責められて悶えまくっていたんです。
 そしてその逆に前日木戸さんにイジられて残ったままのうずきを、当日先生の責めで発散することも何度なくあったんです。
 そんな風に二人の思うツボにはまっていたなんて、恥ずかしくって顔が真っ赤になってきました。

「中野ぉ、俺達の話がわかったな! まあ、そんなわけで明日からはますますキョーレツになるんだから覚悟しておけよ」

「そうだぜぇ、オマエさん。今までとはレベルが違うぜぇ。覚悟しておきなぁ♪」

 呆然とするワタシをよそにそんなトドメの台詞を吐いて理科室を出ていった二人でした。
 

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

44.剣道部の体験入部1 (6月21日)

kage

 昨日の日曜日、市の中学生剣道大会があってウチの学校の剣道部の女子が団体戦で準優勝したんです。

 その準優勝したメンバーの一人がワタシと同じ組のY美さんだったこともあって、朝からクラスはその話題で持ちきりでした。そしたら田崎先生がそれにこじつけて体験入部を勧めてきたんです。

「中野、Y美だって中学から剣道を始めたって話だぞ。オマエだって頑張れば上手くなるかもな」

 そう言われて従うしかないワタシは命じられたとおり剣道場へと行きました。もちろん呼び出された時刻は剣道部の練習が終わる頃、つまり先生とワタシしかいない時間です。

 どうせ体験入部って名目でワタシにまたヒドいコトしちゃうのかなぁ、って不安のなか剣道場に行ったんです。そしたら、なんとY美さんたちはじめ剣道部員がまだ練習をしてたんです。そして剣道場の片隅には苦虫をかみつぶしたような顔をして田崎先生が立っていました。

 昨日の準優勝で意気が上がってる剣道部の部員達は通常の練習時間では満足しなくて、さらに時間を延長して練習していたんです。準優勝でも慢心することなく次の秋の大会で優勝を目指すつもりらしく、どの部員からも練習に打ち込むその真剣さが漂ってきます。

 剣道部員が居残っているなか、ヘンなことをするわけにもいかず、先生はワタシに竹刀の握り方とか振り方とかの基本をまともに教えてその日は終わりました。でも、部員のみんなが袴とか剣道着を着ている中、ワタシだけ剣道着がないので、半袖シャツと濃紺ブルマーの体育着に胴や面の防具を付けてるのはけっこう恥ずかしかったです。

 だけども何もなくてホッとしました。もし先生と二人っきりだったら何をされていたかわかんないんだもん。

(剣道部員のみんな、ありがとう)

 別にワタシの為じゃなく、練習熱心のあまり時間を延長して頑張っていただけなんだけど、ワタシ、心の中でY美さんたち剣道部員に感謝してました。
 

34.明日から衣替え (5月31日)

kage

 明日からは6月なので衣替えなんです。

 ウチの学校も女子は紺色から白の半袖セーラー服になるんです。そういう衣替えを翌日に控えてる今日、ワタシは田崎先生から何かの紙袋を手渡されました。
 その紙袋を開けてみると中には夏用のセーラー服が入っていたんです。そして、そのセーラー服は特別製だったんです。

 かなしいことにワタシはまだ中学2年生にもかかわらずこの発育のせいで、身長に合わせた普通仕立てのセーラー服を着ると、その大きなFカップのバストと96センチのヒップがあからさまに目立っちゃってダメなんです。
 だからといって肥満体型用のを着たなら肩幅やウエストが余っちゃうし、全体的にぶかぶかになっちゃってあまりにも変なんです。

 そこで先生はワタシの身長に合わせながらも、胸やお尻の大きさが目立たず、それでいてぶかぶかにならないように体型のシルエットも考えた制服をどこかの仕立屋で特注してきたんです。
 胸とかお尻のところなんか特に裁断や縫製が工夫してあって、あの悩みのバストとヒップが全然大きく目立たないの。仕立てた洋服屋さんの腕前に驚かされます。

 これでひと安心です。身長に合わせただけの制服を着ようものなら、その胸とお尻の大きさが目立っちゃって、特に男子生徒に注目されたり騒がれたりしたら大変なことに・・・、って思ってて不安だったんだもの。

 でも、それって実際のところは無意味な心配だったのかもしれません。だって、ワタシってクラスでもおとなしくて目立たないから誰もワタシのことなんて見てないんだもん。
 内気で消極的なのは良くないってわかってるんだけど、どうしても前に出れなくて引っ込み思案になっちゃうの。そう考えると胸やお尻が大きいせいで目立つと心配したのも余計なコトだったかもしれません。

 ともかくこれで制服の上から見れば胸とお尻の大きさもわからないので大丈夫です。そう言う意味ではホントに良かったです。
 じゃあ、なんで田崎先生がワタシのためにわざわざ特注の制服を注文してくれたのかしら?

 そう考えると、制服の上からでもその発育ぶりが目立ってしまうことを不安に思うワタシの悩みを解消してくれるためだとは思えません。
 だって絶対にそんな優しい思いやりのある人じゃないんだもの。

 多分、自分がエッチにイジメる対象としている生徒が“胸やお尻が大きい”っていうことで周囲から注目されるとコトが進められなくなる、という単なる自分の都合からこの制服をつくったんだと思うんです。
 だって、それ以外の理由って考えられないんだもの。

「おい中野ぉ、これなぁ、特注で仕立ててもらったヤツだからな、値段だって普通の3倍はしたんだぞ」

 自分勝手な都合で注文したクセに値段の高さを恩着せがましく言われてイヤだったけど、たしかにこの制服ならばカラダのことで悩んだり不安に思ったりすることはないので、もうワタシはコレを着るしかありません。

「まったく、オマエの親は仕事が忙しすぎて、オマエのカラダの発育の凄さに気がつかないからオレが親代わりにしてやってるんだぞ。オレに感謝するんだな」

 制服を渡すときさらに恩着せがましく先生がそう言いました。こんなことからも、ますます先生に逆らえなくなりそうなワタシでした。
 

6.何だか(1月31日)

kage

 せっかくこの前ひさしぶりに日記を再開して、これからは頑張って続けようと思って3日間は続けて日記を書いていたのに、また途切れてしまって今日の日記も1週間ぶりの日記です。

 こう見えてもワタシって根気強いほうで、物事が長続きしない三日坊主ってタイプじゃないから、怠けてサボってるんじゃありません。

 だってあの1/24のあとも田崎先生のイヤらしいことは続いていて、やっぱり同じように放課後理科室に呼ばれ無理やりエッチされてるので日記を書く気になれなかったんです。
 もちろん望んで先生に応じているハズもなく、写真に加えて今となってはエッチされること自体が脅されるネタになってるので、ますます逆らえなくなって言いなりになるしかないんです。

 それなのに先生ったらワタシがちょっと放課後に理科室に来るのが遅れただけでムッときた顔をして『中野ぉ、オマエ、俺の命令に逆らうつもりかよ! お前ナニ様だぁ』って罵倒するんです。
 そしてそんなときはいつも以上に無理矢理のエッチの時間が長くなるの。

 もちろん逆らえるワケありません。ワタシだって『先生、お願いですやめて下さい』って言うんだけど、先生がその願いを聞いてくれるハズがないんです。

 だけど、イヤなんだけど、なんだか最近ヘンなの。恥ずかしいんだけどカラダが熱くなってエッチされてるあいだずっと抵抗できずそのままなんです。
 それに、何だかカラダの奥底から熱いものがこみあげてるようで、確かにはじめの頃とは違います。

 もしかして、こんなヘンなことに気持ちよくなってるんじゃなかって思ってもみるんだけど、ううん、そんなことありません。
 エッチなことをすると気持ちイイってのは田崎先生の様子を見てるとわかるけど、無理やりされているワタシがそんな気持ちになるなんてことは絶対ないの!
      
 でも、先生からのイヤらしいことは毎日のように続くので、もしかしたら自分のホントの気持ちとは正反対にカラダがそんな風に反応するようになったのかなぁって思ったりもします。
 いろいろと考えてみるとますますワケがわかんかくなっちゃうワタシなんです。

 もしかしたら、自分の気持ちとは逆にカラダがイヤらしく感じちゃうようになっちゃったのかもしれないんです。ううん! だけど、そんなハズありません。
 無理やりされてイヤなのに気持ち良くなるなんて、そんなコトは絶対にありません。

 いままでのコトをいろいろと思い出してはみるんだけど、ホント、なんだかわかんなくて考えれば考えるほど不思議になっちゃいます。

 中学1年生だし、それにまだ12歳なのに、そしてなによりも田崎先生が来てほんの3週間ちょっとしかたってないのに、こんなことになっちゃうなんてホント大変なんです。
 

1.臨時の担任(1月8日)

kage

 ワタシの名前は中野メグミ、市内にあるN中学校の1年生です。

 家族はパパとママとワタシの3人家族だけど、パパはお仕事の都合で札幌に単身赴任中で、実質ママとの二人暮らしって状態です。そんなママも趣味で始めたケーキ作りが本格的になっちゃって、ワタシが中学に入学してまもなく手作りケーキのお店を小さいながらオープンさせたので、いわばカギっ子みたいなものです。

 だけどワタシだってもう小学校に通う子どもでもないので、一人で家に居ても寂しいなんて思うことなくて全然大丈夫なんです。
 そうやって中学校生活を送ってる、どこにでもいるような普通の女の子なんだけど、ちょっと内気で引っ込み思案なところがダメな点かなぁってワタシ自身では思ってます。

 期待に胸ふくらませて始まった中学校生活だけど、あっというまに1学期、2学期と過ぎちゃって今日から3学期、つまり1年生の最後の学期となります。1年生としての最後の締めくくりの学期でもあるので、ワタシもいろいろと頑張らなきゃって思ってたんです。
 ところが3学期初日のクラスでの朝礼の時、教室に入ってきたのは教頭先生とスーツ姿の見たこともない男の人だったの。クラスがちょっとざわついたなか、教頭先生が事情を説明し始めました。

 なんとワタシたち1年3組の担任だったM岡先生が、年末に体調を崩してしばらく入院することになり、代わりの先生が赴任してワタシたちの臨時担任になるってことでした。元気に見えたM岡先生だったので、入院したなんてビックリです。
 そして教頭先生の横に立っていたスーツ姿の見たこともない男の人が、代わりの臨時担任の先生でした。

 臨時担任の先生は田崎先生って言って、ハッキリとした年齢はわかんないけど40歳代なかばくらいの男の先生で、なんとなくやさしそうな感じがして、ホッとしました。だって、前のM岡先生はとっても怒りっぽくて厳しい先生だったんだもの。
 とは言ってもイキナリ担任の先生が代わったのはオドロキ以外のなにものでもなく、クラスも何だか落ち着かない感じのまま3学期最初の一日が過ぎ、下校の時間となりました。

 3学期は1、2学期以上に頑張ろうって張り切ってたのにこんなことになっちゃったので、不安ってほどじゃないんだけど何だか妙にヘンな気持ちがします。そんな気持ちのまま校門を出ていつもの路線バスに乗って家へと向かったワタシでした。