FC2ブログ

126.何だかクチが(1月18日)

kage

 実を言うと、ここ1週間ほど、ワタシって毎日のように交互フェラを命じられてるんです。

 場所は定番の理科室と用務員室が多いんだけど、他にも放課後の誰もいないワタシのクラスや、あまり来る人のいない東館の階段なんかでもさせされちゃったんです。

 もちろんポーズは例のしゃがんだ姿勢を取らされて、仁王立ちした二人が左右両脇から突き出したオチンチンをガッシリ握らせて交互におしゃぶりさせるポーズなんです。
 そんなことさせられるのはもちろん恥ずかしいから、はじめのうちは両足をピッタリとそろえてるんだけど先生か木戸さんのどっちかが強引に手を伸ばしてアソコを手マンしてくるので、いつの間にかしゃがんでいる足も恥ずかしいことに大きく開いちゃってるんです。

 発射は多くが例の同時発射です。時には先生あるいは木戸さんだけの片方のみの時もあるけど、たいていは二人が呼吸をそろえて『いち、にの、さん!』で同時にワタシの口の中に、そろえたオチンチンの先をねじ込んでの発射です。

 ホント、よくもまあタイミングをあわせて同時に発射できるものだと思います。よっぽど二人は気が合うんだとしか思えません。
 それにしても二人分の精液が一度にワタシの口の中にほとばしるから、けっこうな量なんです。二人とも人並み以上に精液の量がスゴイから、ときにはマジで口から溢れそうになるくらいになるんです。

 そんなタップリの量の精液がワタシの口の中で混ざっていくのが、イケナイんだけどスッゴイ快感になってるワタシなの。
 こんなことを書いてること自体とっても恥ずかしいんだけど、仕込まれてしまったワタシのカラダはどうしようもないんです。

 こんなエッチで変態的なことをさせられていても、カラダが自然に反応しちゃってほとばしる精液を喜々として受け入れて居るんです。
 そんな風に変わってしまったワタシを二人はもちろん知ってるから、ここ1週間ほどは毎日のように3、4発放出していくんです。

 ただ最近ちょっと気になることがあって、6日前の日記でもチョットふれたんだけどフィニッシュのとき、押し込まれる2本のオチンチンの先が何だか少しずつ奥へと入ってきてるような気がするの。

 あんなに大きな二人のカリ首を持つ二人のオチンチンの先だから、以前はほんの先端部分がふたつそろってわずかに口の中に入っているだけだったのに、今日なんて、そろえたカリ首の半分くらいまでが口の中に押し込まれちゃってるんです。

 おちょぼ口で小さな口のワタシにそれを2つも受け入れる余地などないはずなのに、現実にはそんなことをしてるのでホントに信じられない思いです。ワタシの口って大きくなったのかしら?

「あははっ、オマエはまだ13歳と幼いから、口のまわりの筋肉もアゴの関節も柔軟で、鍛えりゃ鍛えるだけますます際限なく広がっていくのさ」

 ワタシの疑問に思うそんな心を見抜いたかのように先生ったら今日、コトを終えたあとワタシにそう言うんです。だけども、二人のあの大きく張り出したオチンチンの先を見てると、とてもじゃないけどこれ以上2本同時に口には入らないんじゃないかな、って気になります。

「オマエさん、心配するなって。まあ確かに鍛えればある程度は口は大きく開くだろうけど、モノには限界ってのがあるしね。いくらなんでもワシたちのような大きなチンポを同時に2本しゃぶるなんて無理だぜぇ」

 そう言って一方木戸さんは、さっきの先生の“際限なく”って見解とは逆のことを言うし、なんだかよくわからなくなってきました。
 ただし、木戸さんったら最後に付け加えた言葉が余計です。

「だけどなぁオマエさん、そうやってまとめて2本同時にしゃぶってみたい願望を密かに持ってるんだったらハナシは別だぜぇ。“念ずれば通ず”って言葉もあるくらいだしなぁ」

 もう、いくらなんでも失礼な言葉です。そりゃ、イジメられて感じてるときはワケがわかんなくって夢中になっておしゃぶりしてるけど、だからといってあんな大きなオチンチンを同時に2本まとめてフェラしてみたいだなんて、そんな超変態みたいなことを考えたコトなんて一度もありません。

 結局、自分のオチンチンの大きいことを自慢したくってそんなヒドイことを言うんだから、ホントにやりきれません。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントフォーム(感想・ご意見・相互リンクのお申込み等)

kage


URL:




Comment:※必須

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する