FC2ブログ

3.ワタシ、不安です(1月22日) 

kage

 新しい年になって、気持ちも新たにスタートした1年生最後の3学期だったのに、あの日1/15以来ワタシの生活はとんでもないことになってしまいました。

 そのせいで日記も書く状況じゃなくなっちゃって今日は1週間ぶりの日記です。ワタシ、あの日以来田崎先生にアノ写真のことで脅されて、イヤらしいことをいっぱいされることになったの。
 たいてい放課後、先生はワタシを理科室に呼び出すと、そこでワタシにイヤらしいことをしてきます。

 まだワタシは中学1年生だし、2学期まではエッチなことになんて全然興味がなくて、むしろキタナイものだって思っていたのに、そんなワタシに先生はどんどんヘンなことをしてきます。
 だけど、アノ写真をばらまかれるのは絶対イヤ! アノ写真が学校や家や近所にばらまかれるなんてワタシには耐えられません。つらいけど、ワタシ先生の言いなりになるしかないんです。

 さっそくあの日の翌日の16日にはワタシ、先生に無理やりエッチをされました。あの時のことは、もう何が何だか覚えてません。
 とにかく写真をバラされないことだけで必死だったの。それなのに、そんなひどいことした先生は次の日ワタシにオチンチンをおクチでくわえるように命じてきたんです。

「今日はこのあと職員会議があるから、お前とは最後までやってられないんだよ! 軽く済ませてやってるんだから、ありがたく思えよ」

 どういう理屈でそんな言葉が出るのかわかんないけど、先生はズボンのチャックをおろしてワタシのクチににそそり立ったオチンチンを押し込んできたの。
 それがフェラチオ初体験でした。実を言うと、ワタシこのとき初めて“フェラチオ”って言葉を知ったくらいなの。それ以降も相変わらずワタシの弱い立場を利用して、先生の要求はさらにエスカレートしていくんです。

 昨日なんて、2限と3限の休み時間に、先生は理科室に呼び出してワタシにフェラチオを命じるんです。休み時間ってホントは10分あるんだけど2限の英語がちょっと伸びちゃって、もう残り4、5分しかありません。

「お願いです、先生、そ、そんなこと、メグミ、できません」

「それなら、アノ写真をばらまかれてもいいのか!」

 そう言われてワタシは従うしかありませんでした。先生はズボンをおろすとそそり立ったオチンチンをワタシの口に押し込みました。
 先生の熱く固くなったオチンチンがワタシの口の中を暴れ回ります。

「おおっ、たまらん。中学1年生の教え子が、俺のモノをしゃぶっているぞ!」

 先生は3限開始のチャイムが鳴るまでにイカせないと、写真をばらまくと脅すんです。ワタシは必死になって口と舌を動かしました。

(ああっ、あと1分しかない、お願い、先生、早く出して・・・) 

 そして、チャイムが鳴りだすはずの時間の2、3秒前でした。『ウッ』と言う先生のうめき声とともに先生はワタシの口の中で果てたんです。
 ワタシは口を拭いながら3限目の英語に間に合うよう、走っちゃいけない廊下を走って教室に急ぐしかありませんでした。
 

  kdkj00010ps.jpg
  

  

 
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントフォーム(感想・ご意見・相互リンクのお申込み等)

kage


URL:




Comment:※必須

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する